スレンダークラブ1日目(11月1日)

ANAクラウンプラザホテル神戸

> >
時間 演題 座長 演者/コメンテーター 発表者
12:00-14:00

緊急座談会 もうライブはできない?!

高橋玲比古先生(さくら会高橋病院)・七海薫子様 齋藤滋先生(湘南鎌倉総合病院)伊苅裕二先生(東海大学医学部内科学系循環器内科学)・吉町文暢先生(東海大学医学部付属八王子病院) 松隂崇先生(埼玉医科大学)・舛谷元丸先生(はくほう会セントラル病院) COVID-19蔓延下で、3月以降、国内のみならず世界中で次々をカテーテルライブが中止となってきました。このスレンダークラブも4月に開催予定でしたが、11月に延期とさせていただきました。しかし、7ヶ月経過した現在も、国内の感染蔓延の状況はさほど変わっておりません。それどころか、長期にわたる経済活動の停滞により、今後の先行きはますます不透明感を増してきています。そのため、ライブの趣旨に賛同され支援を続けて頂いてきた企業の姿勢にも変化が見られます。またその一方で、従来より医療事故のリスクを潜在的に有するカテーテルライブは、ソーシャルメディアの普及も相まって、なにか起これば、今まで以上に世間の批判にされされる可能性が高まっております。この問題につきましては、CVITの「ライブのあり方小委員会」において、委員長の吉町先生を中心に話し合いがなされ、その解決策が模索されて来ました。 このように全方位からの逆風をうけているようにも思える昨今のカテーテルライブの状況ですが、逆に厳しい環境でこそ生まれる新たなブレークスルーもあるのではないでしょうか? このセッションでは、カテーテルライブの直面する問題点を以下の3項目に分けてディスカッションを行いたいと存じます。①COVID19による影響と今後の展望。②医療事故の潜在的リスクを抱えるカテーテルライブの今後のあり方 ③日本経済の失速の影響とその対応。ディスカッションを進める中で、今後のライブの新しいあり方について皆様からご意見を賜ることができればと存じます。
13:00-14:00 参加登録受付

事前登録はこちら

- - -
14:00-16:30 Slender Club Japan Award in KOBE 齋藤滋先生(湘南鎌倉総合病院)(スーパーバイザー)
伊苅裕二先生(東海大学医学部内科学系循環器内科学)
羽田哲也先生(さくら会高橋病院)
吉町文暢先生(東海大学医学部付属八王子病院)・舛谷元丸先生(はくほう会セントラル病院)・松隂崇先生(埼玉医科大学)・高川芳勅先生(小樽市民病院)・羽田哲也先生(さくら会高橋病院)・道下一朗先生(横浜栄共済病院)・清水稔先生(春日部中央総合病院)・篠崎法彦先生(佐久市立国保浅間総合病院)
藤田博先生(京都府立医科大学付属北部医療センター)・大久保宗則先生(岐阜ハートセンター)・青木傑先生(あおもり協立病院)・高松幸子先生(心臓病センター榊原病院)・山本基善先生(心臓血管センター金沢循環器病院)・竹内正人先生(島原病院)
下田康一郎先生(栄和会 泉川病院)
伊藤奈保美先生(新百合ヶ丘総合病院)
塩田丈裕先生(栄和会 泉川病院)
横田翔平先生(湘南鎌倉総合病院)
横田翔平先生(湘南鎌倉総合病院)
土方禎裕先生(新百合ヶ丘総合病院)
湯浅智儀先生(東大和病院)
岩崎真之先生(東海大学医学部付属八王子病院)
鳥越果那先生(東海大学医学部付属八王子病院)
飛田一樹先生(湘南鎌倉総合病院)
飛田一樹先生(湘南鎌倉総合病院)
唐澤由香先生(東海大学医学部付属八王子病院)
谷口法正先生(さくら会高橋病院)
Slender Club Japan Award in KOBE 表彰式 齋藤滋先生(湘南鎌倉総合病院)
王子愛美先生(さくら会高橋病院)
- -
17:00-17:40 論文投稿白熱教室

WEB講演

座長 松隂崇先生(埼玉医科大学) 演者 藤井健一先生(関西医科大学) -
18:00-19:00 サテライトシンポジウム
共催 武田薬品工業株式会社

WEB講演

座長 松尾仁司先生(岐阜ハートセンター)  演題「Slender management of diabetes with cardiovascular disease in 2020」
 演者 横井宏佳先生(国際医療福祉大学/福岡山王病院)
-

戻る


inserted by FC2 system